<< 皆既日食 白川郷へ >>

飛騨高山

日本からアメリカに無事に戻り、カナダ経由で午後に自宅に着いたのと、次の日から長女の習い事が1週間入っていたので、朝、規則ただしい時間に毎日起きなくてはいけなくて、そのせいか今回は時差ぼけが全く辛くなかったです。

多少体が辛くとも、次の日から予定を入れるのはいいかも!

e0130949_14115333.jpg




白川郷からバスで1時間少しで飛騨高山に到着〜! バス停の目の前が予約したビジネスホテルで超便利でした!

到着したその日は、徒歩で15分ぐらいの江戸時代の御役所、高山陣屋へ。

e0130949_14163152.jpg
1692年、徳川幕府は飛騨を幕府直轄領として、行政、財政、警察などの政務を行った所。
御役所、郡代役宅、お蔵等を総称して『高山陣屋』と称します。
江戸から来た代官は、主に検地(田畑の測量)、税金(年貢米)の徴収、山林や鉱山の管理、戸籍調査、裁判、警察などの仕事をしていたそうです。

全国にただ一つ現存する徳川幕府郡代役所。

中は意外に広いです。

e0130949_14260244.jpg
この部屋は確か、身分の高い人の休憩所。庭が見渡せて素敵!

e0130949_14280325.jpg
長女が目を引いた、青海波模様。粋だなあ。

運良く高山陣屋に入ったら、中で無料のガイドさんが他の人たちに説明していたので、交わることに。色々説明していただいてすごく良かったです! 自分だけでふら〜と見るよりも、色々説明を聞いて見るのとだとやっぱり違う。

中には、年貢米の蔵や、刑事関係の取り調べを行った所とか見れます。取り調べ室は拷問の道具とかもあって、痛そう〜〜!!!!

歴史を感じられて行ってよかったです。 あとここは朝一もやってます。(行けなかったけど)

ここを見終わって、高山の街をふら〜と見て、もっと見たかったけど時間が遅くなりお店もあまり開いていなかったのでホテルに戻って、次の日ゆっくり見ることに。

e0130949_14473853.jpg
次の日の朝、朝食も食べ、高山の観光中心街に向かって歩いていると、長女が頭が痛いと言い出した。実は長女も頭痛持ちらしく、、、私の悪いところに似ちゃったのね。。。

私はレイルパス中、1週間ずっと頭痛があり毎日薬を飲んでいたんだけど、長女は3日間続けて頭痛。私たち、この暑さと湿気にやられた感じ。長女が3日間続けて頭痛だったから、持ち歩いている子供用頭痛薬が足りない。。。なので薬屋を探してそこで薬を購入。長女もそれを飲んでベンチで20分ぐらい休憩。長女も携帯いじってたからもう大丈夫そうと思い、目の前でやっている朝一へ。


キャ〜、面白そう〜!ワクワクする〜!
e0130949_14561808.jpg

目の前には川が流れていて、鯉の餌が売っていて、長女が見逃すはずもなく、『鯉に餌やりたい!』
はいはい、やっぱりね。百円どーぞ!

e0130949_14593425.jpg
水も透き通っていてめちゃくちゃ綺麗です。私もサンダルを履いていたから足だけつけて涼んじゃった。

えさやりも終わり、朝一でおいしい牛乳飲んで、お香屋さんに入ったの。長女が、お香の匂いが好きで。おばあちゃんちの匂いがする〜って言うの。笑 そうやっておばあちゃんの事を毎回お香の香がしたら思い出すって素敵だなって思ったりして。おばあちゃん天国で喜んでいるかな?!

小さなお香やさんで、親切なおばさんが色々お香について説明してくれて。本当にお香が好きなんだな〜って思わせてくれる方でした。そこで、桜のお香とおばあちゃんの匂いが好きって長女が言ったら、おばあちゃんちの匂いは多分この匂いよって言ってサンプルも頂いちゃいました。

レジでお金を支払っていると、隣に立っていた長女から、ガタッ!って音がして横見るとですね、長女が倒れていく〜〜!!!嘘〜〜!!! 足が引っかかって転んでるのかしら?って始め思ったけど、どんどん倒れていく〜〜!!!ええええ〜〜!!!!

間一髪、床に叩きつけられる前に私が長女を抱きとめましたよ。あぶなっ!

長女は足が痙攣してるし、目は上を向いて白くしてるし〜〜!!!お店の人もびっくりして、救急車呼びましょう!!って言われて、頭痛続きだったし、調べてもらおうって思って救急車を呼んだらすごい早さできてびっくり!!救急車ってこんなにくるの早いの?!

担架で運ばれる長女。中で救急隊員の方が病院と連絡をとっていて、『外国人の女の子、12歳です』『日本語流暢です!』だって。長女、日本語流暢に思われてる。そうか流暢なのかって思ったりして。病院には2分ぐらいで着いて、心電図、血液検査、点滴をしてもらい、血液検査の結果が出るまで40分ぐらいかかるから、それまで点滴しててねって言われました。長女はすぐ普通の状態になり話が出来る状態。点滴の針は動くと痛いって言ってたかな。

こんな写真とるのもどうかと思ったんだけど、旦那にも送りたかったので。
e0130949_15191998.jpg
血液検査の結果は異常なし! 先生が言うには急に血圧が低下したのだろうと。長女は本当に寸前まで元気だったの。私も高校生の時に一回倒れたことがあったんだけど、その時は5分ぐらいずっと気持ちが悪くてそれが倒れる前兆ってわからなかったから、立ってトイレに行こうと歩いたら倒れちゃったの。だから、普通倒れる時って少し前兆あるんじゃない?と思って長女に聞いたら、10秒ぐらいで急に気持ち悪くなって、目の前が真っ白になって、あとは記憶がないって。

そんな急に倒れることもあるんだなって思いました。倒れる前兆も人それぞれ?!

とりあえずなんともなくてよかったです。安心した。アメリカでは気軽に血液検査なんてできないし。でも救急で運ばれたからお金は高いだろうな〜って思ってたら、なんとたったの3300円。
アメリカだったらまず救急車で、10万円取られます。だからよっぽどの事がない限り救急車なんて呼べない。なになに、それに心電図、血液検査、点滴? アメリカだったら、20万円以上請求来るかもね。本当に怖い、アメリカの医療費。どうにかしてくれ〜〜!!!!

余談だけど知ってる方で、50歳ぐらいの方なんだけど、ある日ろれつが回らなくなり、これは脳が危ないかも?って思ったけどアメリカで救急車呼ぶと高いから、彼女はその状態で自分で車を運転して病院へ。こんなことまでしなくちゃいけないアメリカ。信じられない。。。もう、老後は日本、日本だよ、旦那!!!

2時間後、会計を済ませ、もう来ないであろうこの病院の診察券まで作っていただいて、さあ、どうしよう。。。

長女は見た限り元気。飛騨高山で人力車乗ろうって話してたから、どうする?乗る?って聞いたら、うん、乗る!と元気な返事。 飛騨高山が人力車発祥の地らしいですよ〜。だから今まで人力車は高いから乗ったことがなかったんだけど、記念に乗ることにしたの。長女も倒れたばかりですし〜。

e0130949_15360564.jpg
旦那からこの時に、長女は大丈夫か?って連絡が入ったので、人力車に乗っている写真を送ったら、『さっきまで病院だったのに、人力車?』と言われ、まあ、楽しんで下さいって言われた。

でも、人力車にして正解〜!観光の時間をロスしたからあまり時間がない私たちに色々町の説明してくれる人力車の彼女。そう、珍しく女の人だったんですよ〜。それも見てのとおりスレンダーな方。お仕事、暑いのに大変ですねって言ったら、『もう慣れましたよ〜!この後のビールが美味しいんですよ!』って。笑

ここのわらび餅が有名、美味しい、ここのかき氷が美味しいとか、美味しいお店も走りながら教えてくれた。なので、わらびもちは電車の中で食べる用で購入、クエン酸も取れるし、今の長女にはぴったしと思って、梅かき氷も食べた。使っている梅は貴重な紀州の梅。長女は梅は好きじゃないけど、梅ジュースの味は好きなので、パクパク食べていました。


e0130949_15453297.jpg



前日に食べた夕飯。飛騨牛 長女とシェア
(夕飯にたどり着く前にぶらぶら町を散策していると少しずつ何か食べちゃうからそんなにお腹が空かない私と長女は大体シェアして食べてます。これが長男、次男だったらシェアはできないだろうな〜)

e0130949_15465149.jpg
飛騨高山を後にする前に少し腹ごしらえ。飛騨牛と酒屋さんのチーズケーキ。このチーズケーキが美味しい〜!お土産用も売っていたので買って帰ればよかったと後悔。
e0130949_15485240.jpg
長女が病院に運ばれてトダバタしちゃったけど、飛騨高山、今回の旅行でイチオシ!また是非いつかもう一回訪れたい! 小京都と言われるのもわかるわ〜。

次はお友達と待ち合わせしている長野、松本に向かって出発!

e0130949_15542165.jpg

[PR]
by mimikurin | 2017-08-28 15:57 | 日本旅行 | Comments(0)
<< 皆既日食 白川郷へ >>